本文へスキップ

謝罪代行アイガプロ|謝罪で悩まずご相談ください。

企業様向け謝罪代行report

企業・会社様向けの謝罪代行の各種内容


    1)取引先への謝罪代行

       会社や企業の場合には、以前からの取引先など得意先会社からのクレームやトラブルが生じる
       場合があります。
       誠意をしめせ、責任ある対応を示さないと、今後は取引をしないなどと言われることもあり、
       取引先との関係によっては、こちら側に非がなくても、謝罪を要求してくる相手方の担当
       責任者がいたりする場合があります。
       そのため、取引先との契約を継続するためには、納得いかない場合でも、謝罪が不可欠となる
       ことがあります。そのような場合に、取引先へ会社の責任者として謝罪を代行を行っております。


    2)お客様・クレーマーに対する謝罪対応

       会社や企業の場合には、商品の販売やサービスの提供を不特定多数の消費者に向けて行うこと  
       が会社の企業活動の中心になっています。
       ところが、お客様の中には、クレーマーと呼ばれる好ましくないお客様もいたり、また、そう
       でないお客様でも、対応等の不手際などで謝罪を行わなければならないほど重大な問題に発展
       する場合が少なくありません。
       現代では、消費者の目線で対応しなければ、消費者保護法などによる規制や国民生活センター
       への相談案件として持ち込まれたりするケースがあります。それに加えて、最も問題となるの
       が、トラブルになったことによるネット掲示板等への書き込みなど、他の消費者などのお客様
       や取引先にまで影響を及ぼしかねない状況になることがあります。
       他方で、会社の規模や従業員などの中で、クレーム等の問題について専門に対応する部署や人
       材がいない場合も少なくありません。
       そこで、このような場合には、当方のような謝罪の専門スタッフが代わって対応いたします。

    3)取引先、お客様、クレーマーに対する謝罪文等の書面作成送付対応

       謝罪の中には、面前で謝罪をすることもあれば、アフターフォローなどで文書による謝罪
       をすることもあります。その文章が、手紙のこともあれば、電子メールを発信するケース
       もあります。
       取引先とのトラブルによる場合には、この書面によって起承転結の結となりますし、また、
       この文章を「記」となる段階で対応していれば、承転結も起こらないというように、未然
       にトラブルが大きくなることを防ぐこともできる可能性があります。
       
  企業様や会社様におかれましては、取引先、お客様等に対する謝罪を専門として対応できる人材が足らない
 場合や対応する時間が自社の人材ではないなど、企業様のご要望に応じて、足りない部分をアイガプロが専属
 で対応することも可能です。
  経営判断として、売上げの向上や集客の向上など、会社の発展のために必要な事業部分に集中し、トラブル
 処理といったあまり人材や時間を裂けないなど重点を置けない部分について、アイガプロがサポートさせてい
 ただくことをご提案しております。


 
活動報告写真詳細な見積もり、依頼の流れ等については、
お気軽にお問い合わせご連絡ください。

 【ご相談・連絡先】03−3336−7993

謝罪代行プロ|謝罪屋アイガプロ

〒164-0012
東京都中野区本町4‐5‐10

代表TEL 03-3336-7993
新宿事務所
東京都新宿区西新宿8−3−1
東京都事務所移転中